人材育成・内定辞退防止

人材育成適性検査 POTECT-D

header-d

 

能力・成果重視の目標設定は時代遅れ!?

現在、多くの企業が社員育成のために目標設定をしています。

ですがその結果は、身につけた能力が仕事で活かせない、さらに成果も出ないという形式だけの目標設定になっています。

その原因は、目標が能力習得や仕事の成果に偏っており、仕事力の基盤である人間力の成長が軽視されているからです。

人間力という基盤が強固でなければ、仕事で能力を発揮することはできません。人間力の成長まで会社が面倒みることではないと考える社長も多いと思いますが、人間力まで育成してあげることこそ仕事で成果を出せる人材育成の近道です。

人間力を向上させると、会社の雰囲気が良くなり、チームワーク向上やモチベーションアップ、それにより離職率が下がるなどの効果も期待できます。さらに、入社前の内定者研修として活用することで、内定辞退防止にも繋がります。

大量生産大量消費時代とは違い、スキルを身につけて与えられた仕事を忠実にこなす人材から、自分で考え自分で生み出すための主体的に動ける人間力の高い人材の育成が必要です。今後も成長を続ける企業になるために、人間力教育の導入が急務です。

 

人間力を伸ばし、内定辞退・早期離職を防止する目標設定パッケージ

potect-d2

potect-d3

 

内定者の内定辞退防止、新人の早期離職防止へ

内定者や新人に対して、適性検査のフィードバックと結果に基づいた目標設定フォローをしてあげることで、会社からの期待やそれを成し得るための成長目標が明確になります。

それにより、内定者は会社に対する想いが強まることで内定辞退の防止に繋がり、新人は成長が見える化することで早期離職の防止になります。

 

社員教育と連動して社員のレベルアップへ

目標設定や社員教育を、適性検査という客観的な測定ツールと連動させることで、社員のレベルアップを加速させます。

potect-d4

 

企業が求める人材に育てる目標設定へ

何となくの理由で目標を立てるよりも、会社が活躍できる人材に近づくための目標設定を立てることが成果を出すための近道です。

企業が求める人材を明確にするコンピテンシー適性検査「POTECT-CP」と組み合わせることで、効果的な目標設定が可能になります。

 

POTECT-Dの特徴

人間力向上で仕事で成果を出せる人材育成

  • 仕事の基盤となる人間力を伸ばすことで、結果として仕事の成果に繋がります。
  • 人間力を育成することで、社員のモチベーションが上がり、仕事への意識が変わります。
  • 社員が会社に求めている「人としての成長」を満たすことで、離職率が低下します

社員が率先して取り組みたいと思える目標設定

  • 適性検査の客観的な分析結果で、現状の強み・弱みが把握できます。
  • 分析結果から目標を棚卸しすることで、本当に伸ばすべき部分が見えてきます。
  • 自分で気づき、自分で変わるための目標を立てるため、目標達成意欲が高まります。

社員同士の理解が深まりチームワークが向上する

  • 自己分析の気づきと目標設定を社内で共有することで、お互いの理解が深まります。
  • お互いに人として成長する目標を持つことで、励まし合いながら成長できます。
  • 社内の理解が深まることで、チームワークが向上し、仕事への成果にも繋がります。

目標を達成するための工夫

  • やらされ感のある目標ではなく、達成したくなるワクワクする目標を立てます。
  • 手段が目的にならないように手段に自由度を持たせ、目標達成を促進します。
  • 定期的に社員同士で現状確認を実施するため、常に高い意識で目標に取り組めます。

利用者の声

社員が自発的に!

入社5年未満の若手に、技術だけでなく人として成長してほしいと思い導入しました。最初は受身でしたが、分析結果と立てた目標をみんなで見せ合うことで、成長意識の一体感が生まれ、それから定期的に集まって自発的に目標の経過報告会までやるようになりました。1年後に社員からまた目標設定をやりたいと言われたときは驚きました。

中堅プレス加工業 これまでに2回実施

初の目標設定!

これまで目標設定はしてきませんでしたが、社員も増えてきたのではじめて導入しました。社員が通常業務への意識が変わり、さらに通常業務以外にも自発的にスキルアップに取り組むようになりました。それと、これまで苦労していた査定の材料にできるのもありがたいです。

中小WEB開発会社

新人研修に活用!

新入社員研修に利用させていただきました。客観評価と自己評価の違いを自問自答するワークで、潜在している部分の自己理解に繋げることができました。秋入社の新人にも利用させていただきます。

大手製薬会社 新人教育に2年連続導入

商品概要

対象

  • 人材育成対象者

実施形式

  • 適性検査:WEB or マークシート
  • ワーク:セミナー形式
  • 進捗フォロー:セミナー or 個別対面

実施時間

  • 適性検査:30分/1人
  • ワーク:2,3時間/3回~(目標棚卸し、目標設定、目標振り返り)
  • 進捗フォロー:2,3時間/1回~12回

 

よくある質問

Q. 人間力だけでなく成果や能力の目標も必要では?

A. もちろん能力や成果の目標をやめる必要はありません。追加で人間力の目標設定も実施することで、能力や成果の目標設定の効果が高まります。

Q. なぜわざわざ適性検査から目標設定するのですか?

A. まず客観的に自分を分析することで、これまで気づかなかった強みや弱みが明確になり、本当に必要な成長目標を立てられるからです。

Q. 適性検査の効果は本当に信頼できるのでしょうか?

A. 既に大手企業にも導入されています。試行版(5名まで無料)で効果をご確認ください。

Q. 定期進捗フォローをプランから外すことは可能ですか?

A. 可能です。ただし、目標設定は立てることよりも実施することが大切になるため、フォローを実施した方が高い成長率を期待できます。

potect-d5